大家族で暮らす戸建住宅

戸建住宅は、自分や家族が住みやすい家に設定できれば、とても住みやすい生活ができます。

大家族で暮らす戸建住宅

戸建住宅は

戸建住宅は、自分や家族が住みやすい家に設定できれば、とても住みやすい生活ができます。
大家族で暮らす戸建住宅というと、それなりに気を使う点もいろいろ出てきます。大家族でも、気兼ねをすることなく生活するために、プライベート空間をしっかり持つことが大切だと感じます。各自の時間を尊重できる空間があれば、ストレスが無い生活を送りやすいです。
それと共に、共有する空間を快適なものにすることもポイントです。

リビングやダイニングなどで、家族揃ってくつろいだり、食事したり、話し合ったりできる空間は大切です。
広々とした空間でくつろぎやすい設定にすると、自然と人が集まりやすくなります。子供は帰ってきてすぐに個人部屋に行ってしまわないように、家族皆と触れ合う時間を大切にしたいです。

大家族においては、共有空間とプライベート空間のメリハリをつけ、様々な場面を想定した設計を心掛けるが大切です。
家族皆が生活しやすいように、よく話し合って決めると良いです。

核家族という言葉が流行語になったのは、昭和38年だそうです

核家族という言葉が流行語になったのは、昭和38年だそうです。
人口の都市集中化や転勤などの事情から、それ以前の三世代家族から、夫婦とその子どもで構成される核家族が増えてきました。

しかし、核家族で発生する諸問題や、老親の介護問題などから、今また二世帯住宅などが増加しています。大家族で暮すためには、どのような工夫が住宅に求められるでしょうか。戸建住宅に大家族で暮らす場合、家族団らんができる空間と、家族であってもお互いのプライバシーが保てる空間とが、共存する住宅が理想です。
必要な時にはいつでもお互いに助け合い、協力出来、自分の出来ることで暮らしをスムーズにする。

しかし、親子であっても干渉されたくない事については、適切な距離がおける、また一人の時間を自由に使える空間が大切です。
そのバランスが取れていて初めて、世代の異なる家族が仲良く、もめごともなく暮らせるのではないでしょうか。
大家族が仲良く暮らすためには、戸建住宅に工夫が求められます。